周辺機器一覧

タフポーチ for PlayStation Vita


HORIの「タフポーチ for PlayStation Vita」購入。
プロテクトフレームを付けていても収納可能。カラーバリエーションは黒と青と赤。


開けて横からみたところ。
サイドベルト付きなので、入れるときにVitaが落ちることも無いと思う。
収納時にファスナーが本体に当たらないような設計になってるそうな。


カラビナ付き。一応取り付けた。
でも、こんなものを使ってカバンとかにブラブラ下げる人なんてこの世にいないよな。


プロテクトフレームを装備したままスッポリ。
親指で持ち上げてる部分は後述するパーテーションボード。


で、そのパーテーションボードをそっと液晶部に。
矢印の部分に、Vitaカードが2枚収納できる造りになってる。


ポーチ外側の素材は硬質素材。かなり丈夫。カッツカツ。
Vitaを入れたまま振ってみたけど、中で動いてしまっている感じも無し。
プロテクトフレームを装備している分、わりとガッチリ収納できているのかもしれない。


PlayStation Move SHARP SHOOTER


PlayStation Move用のガンアタッチメント、「SHARP SHOOTER」を購入。SONY純正品であります。
よくある「銃の形をしたなんちゃってアタッチメント」じゃないところが、こいつのすごいところ。
※記事内の動作表記については全て「SOCOM 4: U.S. Navy SEALs」のものです。


モーションコントローラとナビゲーションコントローラをセットしたところ。
シャープシューターは電池等の必要はないけど、コントローラが2個乗っかるのでそれなりに重さはある。


モーションコントローラをセットする部分にある端子。
丁度これが、モーションコントローラのお尻にあるUSB端子にブスっと差し込まれるのです。
これにより、シャープシューター内部にあるサイバー回路とモーションコントローラが繋がるのだ(本当)


ゲーム中、物理的に押すことになるのはスタートボタンとセレクトボタンくらい。
他のボタンについてはシャープシューター側のボタンで操作することになります(Tボタンについては後述)


側面には、人差し指で押すことになる□・△ボタン、親指で操作する発砲モード切替スイッチ。
反対側の側面も同じ配置になっているので、どちらの手でグリップを持っても操作に問題はありません。
中指で押しているのがMoveボタン。押すと手榴弾を投げます。


シャープシューター底部にあるRLボタン。押すとリロード。押し続けると武器を拾う動作になります。
マガジンを交換する感じで「リロード中!」と叫びつつ押すとカッコ良さがアップします。


ポンプアクションをすることで、モーションコントローラのTボタンを押します。
ゲーム中ではRLボタン同様、リロードを行えます。


ストック部分はカチカチっと3段階の長さ調節ができます。
一番短い位置が遊びやすいかな。長いと邪魔。


さすが純正品、ゲーム内の操作設定でもバッチリとシャープシューターに対応しています。
ちなみに、ナビゲーションコントローラのL2を押している間だけデッドゾーンが狭くなり、
シャープシューターを少し動かすだけで、素早い視点移動&旋回ができます。

実際にSOCOM4で使ってみましたが、PS Moveで普通に遊ぶよりも楽しいです。
(とくにリロード動作がお気に入り。無駄に発砲してリロードしまくってます)
戦争ごっこが味わえるシャープシューターですが、国内では公式に販売されていないので
「どーしても欲しい」という方は海外ゲームを扱っているお店をチェックしてみては如何でしょうか。


シューティングアタッチメントと、PERFECT SHOT FOR MOVE


MOVE用のガンアタッチメントを2種類購入。
左の赤いのがソニー純正の「シューティングアタッチメント」、右がNYKO製の「PERFECT SHOT FOR MOVE」
どちらもモーションコントローラをセットし、トリガーを引くことでTボタン押すタイプのアタッチメント。
シャープシューターのようなサイバー感&カッコ良さはゼロだけど、安いヨ。


シューティングアタッチメントのトリガーON/OFF。
ストロークがかなり深い。連打が多いタイプのゲームだと、指がすんげーー疲れる(本当)
バイオクロニクルでは、ボス戦だけで人差し指が限界で悲鳴を上げました。本体はとっても軽いのに残念。
なぜか赤い本体が、モーションコントローラとも絶妙なミスマッチ具合。こりゃあハズレっすわ。


PERFECT SHOT FOR MOVEのトリガーON/OFF。
ストロークは浅い。カチカチ連打も楽チンで疲れない。
単三電池が2本付属しており、グリップ部に電池を入れ、スイッチを入れた状態でトリガーを引くと振動する。
んが、ブルブルッ!という強い振動ではなく、ヴ~~ンと申し訳程度のいやらしい振動であり、かなり弱め。
無駄な振動機能内蔵により、シューティングアタッチメントよりもほんのちょっとだけ重い。


個人的には「PERFECT SHOT FOR MOVE」のほうがオススメ。連打しやすいし疲れない。色も素敵。
アタッチメントなんぞ使わなくても全く問題ないんだけど、それを言っちゃあおしまいです。


CYBER・プロテクトケース(3DS LL用)


ムーンプリズムパワー・メイクアップ! 3DS LL用のケースを購入。
本体に傷が付くこともなく、簡単に装着完了。ホコリが入り込むとカッコ悪いので本体を綺麗にしてから装着だ。


装着したままゲームカード交換やイヤホン・ケーブル類の使用、タッチペン取り出しも当然OK。
純正の充電台は使えなくなるので、充電ケーブルを使って充電しよう。


こんなもん付けなくても壊れやしないんだけど、なんとなく安心かな。


FPS Freek ELITE


コントローラのアナログスティックを高くするアタッチメント。PS3/360両対応。
FPSが遊びやすくなるってんで買ってみた。1600円。2個入り。


ムーンプリズムパワー・メイクアップ!
装着するとこーなる。かなりガッチリ食いつくので、操作中に取れちゃうことはありませんでした。
照準を合わせる時の微調整がスンゲーやりやすくなった(本当) かなりオススメ。


逆に、大きい動きをする時は思いっきりスティックを倒さないといけなくなるのでちょっと苦手。
が、ゲーム内のオプションでスティック感度を上げておけば問題なし。
「FPSはコントローラ派」の人は試してみる価値ありだと思います。安いしネ。


トップへ戻る