DEATH STRANDING その7

DEATH STRANDING
コンプリートを目指して配達中。

DEATH STRANDING
全施設の親密度MAX。「愛されている配達人」のトロフィー獲得。
一番面倒そうだと思ったけど、そうでもなかった。配達しまくってりゃOKだし。

DEATH STRANDING
収集系。メモリーチップ全56個を回収。バイク好きの僕には嬉しいアーカイブが多め。
ゲームオプションで「ネタバレ看板を表示」にしておくと、探すのがちょっと楽になる・・・かな?
まぁ収集系は攻略サイトでも見りゃすぐわかるけどネ。

DEATH STRANDING
配達人グレードの各評価軸を60以上にして、「伝説の配達人」のトロフィー獲得。
スピード評価の配達依頼が少なくて、あちこちの施設を回って依頼を探しまくった。
スピード関係はジップライン充実&国道復旧させておくとラク。依頼自体を探すほうが大変だった。

DEATH STRANDING
コンプリートであり、プラチナトロフィー「真の”伝説の配達人”」を獲得。
プレイ時間は90時間、たっぷり楽しめた配達ゲームでした。
小島監督、次回作はムービー自動スキップ機能搭載でおねげえしやす。

DEATH STRANDING
僕は楽しめましたが、クソゲーですのでそこんとこ夜露死苦。

トップへ戻る