モンスターハンターワールド:アイスボーン その3

モンスターハンターワールド:アイスボーン
ついに超大型拡張コンテンツ(4800円)のメインモンスター「イヴェルカーナ」との戦い!!
んー、どこからどう見てもクシャルダオラ色違い。ネタバレはありませんので大丈夫。

モンスターハンターワールド:アイスボーン
倒した。
救難信号出して、マルチプレイでサクッと終了。どこかの誰か、ありがとう。
無印同様、救難信号システムがお手軽すぎて、今回も集会所の存在が空気。使ってる人いるのかね?

モンスターハンターワールド:アイスボーン
拠点に戻ってエンディング・・・じゃなかった。
「よくやったな! まだ終わりじゃないぜ。4800円もするしな」と言われた。
本当のラスボスがまだいるらしい。んで、古代樹の森の様子がおかしいから調査することに。

モンスターハンターワールド:アイスボーン
古代樹の森にいないはずのヴァルハザク。見た目がなんだか変。
「風の谷のなんとか」みたいな、ガスを吹き出す胞子が体中に張り付いていた。キッショ。

モンスターハンターワールド:アイスボーン
倒した。
火属性のランスでツンツンすること42分。めっちゃくちゃタフで強かった。
つーか、マスターランクのモンスターって体力多すぎじゃねぇ?
せっかく装備強化しても、全然強くなっていってる気がしないんだよねぇ。

トップへ戻る