2018年02月一覧

モンスターハンター:ワールド その5

モンスターハンター:ワールド
ストーリークエストの★8、「渇望の黒創」に到達。
メインモンスターの「なんとかザウルス」との戦いだ! 本当の名前はネルギガンテだヨ。

モンスターハンター:ワールド
ベータ版よりも苦戦したけど、なんとか倒せた! 何度死んだことか・・・。
体力の装衣(一定ダメージ吸収)は持っていたほうが良さげ。あとは秘薬とか。

モンスターハンター:ワールド
15分近くかかっちゃったよ・・・。
下手でごめんなさい。精進します。

モンスターハンター:ワールド
悪者をやっつけたし、これで一件落着。
・・・とはならず、ストーリーはまだ続く。詳しくは内緒。


モンスターハンター:ワールド その6

モンスターハンター:ワールド
げんざいのそうび。
頭は竜王の隻眼α、それ以外はネルギガンテ素材の防具。武器は適当なライトボウガン。
スキルは挑戦者Lv4・攻撃Lv3・弱点特効Lv3・スタミナ急速回復Lv3・渾身Lv1・加速再生。

モンスターハンター:ワールド
斬裂弾を弱点に撃つだけで、怯みまくって敵は死ぬ。
弾薬素材のザンレツの実も持っていき、無くなったら現地調合して補充。
素材も無くなったらキャンプに戻って補給。斬裂弾調合用のショートカットを設定しておくと楽。
ライトボウガンの特殊弾、「起爆竜弾」も併用すれば、大爆発で気分爽快なうえに超火力。

スゲー苦戦したネルギガンテも楽勝になった。つーか全部楽勝。
他の武器を使うのが面倒になるくらい簡単で強い。斬裂弾は弱体化されるんじゃなかろうか。


モンスターハンター:ワールド その7

モンスターハンター:ワールド
キリン・クシャルダオラ・テオテスカトルという、3大クソモンス。
斬裂弾の前にはザコ同然。初見で余裕の撃破。

モンスターハンター:ワールド
で、拠点のエライ人に「ラスボスが出てきたから倒してこい」と言われた。
よし、おれにまかしとけ。


倒した。
どんな姿をしているのかは、自分の目で確かめてね!

モンスターハンター:ワールド
待望のエンディング画面に到達。ここまでで、50時間くらい遊んだかな。

モンスターハンター:ワールド
クリア後はハンターランクの上限開放。
いつも通り、今後はポイントを貯めてランクが上がるようになるみたい。

モンスターハンター:ワールド
げんざいのそうび。
弱点特効と特殊射撃強化のスキルで、ひたすら斬裂弾を撃つスタイル。
もう近接武器はいいや。

斬裂弾は味方をふっ飛ばすっぽいので、マルチで使う場合は慎重にネ。


ワンダと巨像(PS4版)

ワンダと巨像
ダウンロード版、解禁!
PS2版、PS3版も持ってるけど、もちろん購入。「ワンダと巨像」のフルリメイク。
「HDリマスター」じゃなくて「フルリメイク」なので、間違えないように注意。

ワンダと巨像
地面に生えてる草のフサフサ感とか、岩のゴツゴツ感とか、とにかく絵がスゲー綺麗。
解像度優先か、フレームレート優先かを選べるんだけど、もちろんフレームレート優先で。
60fpsで超なめらかに動く。

ワンダと巨像
PS3のリマスター(左)と、今回のPS4のリメイク(右)
同じ場所だけど、もはや別ゲー。見た目から何から、全部丸ごと作り直してるんだねぇ。

ワンダと巨像
ボタン配置は「モダン(デフォルト)」と「クラシック」から選択可能。ボタン配置が違う。
デフォルト設定は、○ボタンだけで前転避けが出来たり、操作性がかなり良くなってる。

ワンダと巨像
いかにして巨像に取り付き、弱点を目指して倒すか。そんなゲーム。
オリジナル版をクリアした人でも、新たな気持ちで楽しめると思う。

オリジナル版が面白くなかった人は買わないほうが無難。


真・三國無双8

真・三國無双8
予約購入しておいたダウンロード版、起動!
1日遅れでプレイしてみたんだけどね、これちょっとあれです。

真・三國無双8
カックカクです。 フレームレートが低すぎてやばい。
PS4Proだと、解像度優先かフレームレート優先かを選べるけど、どっちもフレームレートは低い。


特に、解像度優先のモードはカックカク。30fps固定で解像度安定って書いてあるけど完全にウソ。
つーか、どっちのモードにしても30fpsも出てないと思う。目がスンゲー疲れる。

「オープンワールドになった!」とか、「アクションが一新!」とか、「武将90人!」
とか、そんなことがどーーーでも良くなる。それくらい致命的。

買おうか迷ってる人は、しばらく様子見したほうが良いと思う。
でもこれ、パッチでどうにかなるのかなぁ。


トップへ戻る