XSR700を見てきたよ

XSR700
僕の愛車、XSR900の弟分にあたる「XSR700」が発売。お店に見に行ってきました。
色は、マットグレーメタリック(銀)とダルレッドメタリック(赤)が置いてありました。
グレーのタンクカバーは、XSR900と同じく職人による手作業のバフ掛け処理とのこと。

第一印象は、「XSR900よりも足つきがすごく良い」こと。両足ベッタリです。
シート高はXSR900よりも5mm高いけど、シートの幅が狭いので足つきが良くなってるんだと思います。
(シート高 XSR900:830mm , XSR700:835mm)

とは言え、835mmのシート高は伊達じゃない。小柄な人だと両足つま先ツンツン状態のはず。
車体は軽いので、片足でも何とかなりそう・・・かな?

アシストスリッパークラッチじゃないので、クラッチは重かった。クッソ重かった。
トラクションコントロールと、エンジンモード切り替えも無し。余計なもんは切り捨てようと。

XSR900との価格差は14万くらい。
この程度だったら、装備が充実したXSR900のほうが良いかなぁ、と思った。
・・・けど、バイクなんぞ完全に趣味の乗り物なので、見た目が気に入ったら買っときゃOK
おしまい。

トップへ戻る