RIDE 体験版


北米PSストアで体験版が配信されたのでダウンロード。
「ドライビングシミュレーター」ってのはあまり好きじゃないんだけど、数少ないバイクゲームなので、
どんな感じに仕上がってるのか触ってみたかった。外人さんの配信はちょろっと見たんだけどネ。


タイトル画面が出た!
ドキドキしつつゲーム開始。


たぶんロード画面。
長い。すげー長い。長いっす。メニュー画面が表示されるまで約36秒(本当)
クッッッッッッソ長いです。なにを読み込んでるんだか。


バイク選択画面に到達。体験版だからなんだろうけど、選べるのは3車種。
ここは一発、The Power of Dreams・ホンダのCBR600RRを選択。
個人的には80年台後半あたりのバイクに乗りたかった。TZR(後方排気)とか素敵やん。


よしやるぞ!
レーススタート・・・あ、ロード画面・・・。
ちなみにここのロード時間は、驚きの50秒であります(本当)


そしてここで、謎のボタン入力を求められる。
「お前のバイクはこれで決定だから、わかったら☓ボタンを押せ」と。なんでや・・・。
もちろん、☓ボタンを押した後はまたロードが始まる。約17秒(本当)


ようやくレース画面に。合計で1分くらいのロード時間。
すんっっっっっっっっっっっっっっっげぇロードが長い。なんでこれでOKだしたんだろう・・・。


中身はフツーのバイクレース。
さすがのオートバイ好きの僕でも、この超悶絶ロード地獄には耐えられません。

【結論】
うんこ。超うんこ。買わなくても平気。新品10円でも見送るべし。

トップへ戻る