2011年 面白かったゲーム


年末恒例、今年僕が買って面白いなぁと感じたゲームを紹介するコーナーです。
「買ってみたけど全然面白く無かったんだけど」とか言われても知ったこっちゃありませんので注意。



BIOHAZARD THE MARCENARIES 3D (3DS)
制限時間内に敵をたくさん倒してハイスコアを出すゲーム。オンラインCOOPあり。
超単純なゲーム内容にガッツリとハマってプレイ時間120時間。


二ノ国 白き聖灰の女王 (PS3)
わかりやすいストーリー、アニメ調の綺麗なグラフィック、そこそこ良い音楽。戦闘のバランスはキツめ。
子供向けというよりは、ファミコン時代のRPGにハマったおじさん&おばさん向け。


DEAD SPACE 2 (Xbox360)
前作よりも武器の種類が増えて、戦いが楽しくなった。実績もコンプしたよ。
後半のザコラッシュ&ひたすら逃げるだけの展開はちょっと残念だったかなぁ。


METAL GEAR SOLID PEACE WALKER HD EDITION (PS3)
PSP版は操作性でイライラしたけど、PS3版は偉大なる右スティックのおかげで操作性向上。
コツコツと兵士を集めて武器やアイテムの開発をしていく、という地味な作業が楽しい。


METAL GEAR SOLID 2 SONS OF LIBERTY HD EDITION (PS3)
名作は色褪せない(本当)
10年前にハマったゲームが丁寧にHD化されて大復活。面白くないワケがない。


ゼルダの伝説 スカイウォードソード (Wii)
Wiiモーションプラスのおかげで、リモコンをテレビに向ける必要が無くなったのが良い。
おかげで寝っころがってても遊べるよ。操作が面倒くさくないゼルダは楽しい。

今年後半はほとんどメタルギアばっかりやってました。

トップへ戻る