PS3本体がお亡くなり


2007年、初代アンチャーテッド発売と同時に購入した、PS3本体40GBモデル。
最近、よくフリーズ&勝手に電源落ちするようになってやばいなぁと思っていた矢先、ついに死亡。
電源入れた後にピピっと赤ランプ点滅してダメ。しばらく待ってもダメ。セーフモードでも起動できない。
ゲームディスクが入れっぱなしで取り出せない。こりゃ大変。
なんとかして救出せねば。


禁断のVOIDシールを剥がすと、その下には六角ネジが隠れています。外すには六角ドライバーが必要。
そんなもの、普段使わないし持っていません。どうせもう買い替え決定なので、破壊前提で強引に分解。
で、その後にネジを数本外してガバっと開きました。やはりホコリがけっこうたまっていますね。
右側がブルーレイドライブ。この中にディスクが・・・。


ブルーレイドライブ取り外し完了。ディスクが入ったままなので、ここだけはわりと慎重。


今度はブルーレイドライブの分解。ネジを外してカバーを取ると・・・。
おお! ディスクが見えたぞ! いまたすけてやる! もうすこしだ! がんばれ!


またまたネジを外していき、パカっと開けると・・・出たあああ!


傷も無く、無事に救出できました。当然、このPS3はメーカー修理もきかないので、破棄します。
「元通りにしなくていい」っていう作業はホント楽でいいな。良い子は真似しないでね。
とまぁ、ディスク取り出しは出来たわけですが、HDD内に保存したセーブデータは全部ダメですね。
モンハンのセーブデータが消えちゃうのが痛いなぁ。

トップへ戻る