2010年04月一覧

北斗無双 実績コンプリート


「北斗無双」の実績をコンプリートしました。
無双シリーズは時間がかかるだけで簡単にコンプできるからいいですね。かかった時間は40時間ちょっと。
途中で無駄にキャラ育成に時間かけたので、コンプだけならばもう少し時間短縮できると思います。


このゲームの何が駄目かというと、声優とかBGMじゃなくて「伝説編(ストーリーモード)」が面白くないこと。
この伝説編、「アクションアドベンチャー」となっており、従来の無双ではありません
マップは一本道で敵の数は少なく、敵をまとめて倒す爽快感がありません。
おまけに各ステージの最後のボスにはQTEのボタン押しイベントがあり、失敗するとやりなおしです。


が、オリジナルストーリーが楽しめる「幻闘編」というモードが従来の無双のシステムです。
ザコ敵もワラワラ出現するので、爽快感があります。
右上のマップ表示でもわかりますが、拠点がいくつもあり守備隊をぶっ殺すと制圧できます。
ブロックを押して足場を作ってジャンプして・・・とか、面倒なことももちろん無し。


幻闘編は、ボス戦での面倒なQTEが無い。単純にボッコボコにして倒せばクリア。
北斗タイプと南斗タイプで、全く違う戦い方になるのも面白いところです。
キャラを育成してスキルを装備すれば、攻撃後の隙をキャンセルできるようになり、空中コンボも出来ちゃう。


「伝説編のクソさ」がこのゲームの評価を下げてるかな。幻闘編だけで良かったんじゃないかと思います。
誰もが最初に遊ぶであろう「伝説編のクソさ」+「初期キャラのケンが地味」なおかげで早々に投げてしまう人が続出。
伝説編をクリアしていかないと、幻闘編で使えるキャラが増えないのも駄目なポイント。
なんだかとっても評価が低いこのゲーム、僕はとても楽しめました。


NO MORE HEROES 英雄たちの楽園


購入。

グラフィックは、綺麗なのか汚いのかよくわからん出来。
Wiiの移植作品なので、そこまで期待しちゃあ駄目なんですね。
まぁ、「リモコンを振らなくていい」っつーのが一番うれしいところ。寝っころがって遊べるしね。

PS3版はCERO Dなので、残酷表現がありません。
出血や欠損表現はなく、敵を倒すと黒い灰になってサラサラ~っと消えます。
っつーかグロがメインのゲームじゃあないみたいだし、これはこれでいいか。
360版を持っていないので比較できませんが、ロード時間はそれほど気になりませんでした。
「時間」より、頻繁に挿入されるロードの「回数」がちょっとストレス溜まりますね。
日本語吹き替えにすると、字幕が非表示になってしまうのも残念なところ。インストール非対応なのもマイナス。


AFTER BURNER CLIMAX


「AFTER BURNER CLIMAX」です。
お試し版には目もくれず、完全版を即購入!これで800MSPって安すぎる。


で、サクサクっとクリアしていきます。
BGMは、もちろんAB2のもの。これしかないでしょ。


あっという間に実績コンプリート。
プレイしていくうちに開放されていく「EX OPTION」を有効にしても実績解除されるので簡単です。
オートミサイルとか、無敵とかね。



トップへ戻る