2009年 うんこだったゲーム達


2009年の「買って失敗したゲーム」です。新作ゲーム以外にも旧作も含めます。わりと大漁です。
記憶に残したくないものばかりなので、説明文は適当です。



のびのびBOY (PS3)
PSNで500円だかそこらで配信されたゲーム。ん、これゲーム?
イモムシみたいなキャラを動かすだけ。そんだけ。お金返して。


THE CHRONICLES OF NANIA PRINCE CASPIAN (Xbox 360)
映画、「ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛」のゲーム。
たしか新品で2980円とかだった。納得。キャラを切り替えながら進めるゲームっぽいんですが、
次になにすりゃいいのかよくわからん。世界観はとっても好きなんですけどね。


DAMNATION (Xbox 360)
ギアーズみたいなFPS。TPSだったっけ?忘れました。
異様に硬い敵、当たってるのかよくわからん射撃。すべてが微妙。
オンラインCO-OPができるってことだけで予約購入して、見事に撃沈。


PROTOTYPE (Xbox 360)
前評判の高さだけで買ってしまったゲーム。
箱庭ゲームがあまり得意ではないのに買ってしまって大失敗。反省。


機動戦士ガンダム 戦場の絆ポータブル (PSP)
とにかく操作性が最悪。ボタンが足りないのになんでPSPに移植したんだろう・・・。
アドホックパーティで協力プレイもやってみましたが、思うように操作できず撃沈。


BROTHERS IN ARMS HELL’S HIGHWAY (Xbox 360)
新品で2980円で買ったゲーム。
FPSのクセに、クッソ長いムービーシーンがテンコ盛り。しかも初回スキップ不可能。
あまりにも長いので、ゲーム本編が始まるまえにギブアップして売却。


ファイナルファンタジークリスタルクロニクル・クリスタルベアラー (Wii)
磁力を操る主人公を操作するアクションゲーム。攻撃手段は石とかを投げつけるだけ(本当)
唐突に始まる「操作&ルール説明一切無しのミニゲーム」にもイライラ。3時間程で撃沈。


FINAL FANTASY XIII (PS3)
ひたすら一本道のマップ、頻繁に挿入されるムービー(スキップ可)、
基本的に○ボタン連打の戦闘、プレイヤーはムービー再生ポイントまでキャラクターを移動させるだけ。
(後半になるとやっとRPGらしくなり、そこそこ楽しくなります。それまでは地獄)

というわけで、今年の「うんこ」は以上です。
来年はどんなうんこ達が待っているか、楽しみだね。

トップへ戻る